[PR]楽天市場での成功ノウハウ

[PR]楽天市場での成功ノウハウ

楽天市場での成功ノウハウや最新データをまとめた
詳しい資料(全54ページ)を無料進呈します。


«前) 時々コラム2001年 | HOME | 時々コラム2003年 (次»

ブラウズ(テーマ):時々コラム2002年

2002年01月05日

本年もよろしくどうぞ

記事タイトル本年もよろしくどうぞ

2002年、あけましておめでとうございます。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

寒いですね、元旦から降った雪がまだ道路に積もっていますが、今晩から追い討ちをかける寒波が来ているようです。
さて、昨年2001年はみなさんにとってどんな年だったでしょうか?
新年早々後ろ向きに過去を振り返ってどうするんだい! とは言うものの、前向きに進歩するには「過去」を客観的に観察るのは良い手です。
個人的には20年近く勤務した会社から転職したこともあり、大きい意味で節目の1年になりました。
暮れにかけて本業のビジネスに大忙しで振り返っている時間も無かったのが事実です。
あっ、そうそう 「新潟総合テレビ(NST)」のスーパーニュース、見た人いますか? (謎)


2002年01月15日

三年目にあたり

記事タイトル三年目にあたり

早いもので 時々コラム も三年目の年を迎えることになりました。
だいたい1週間に1回ペースに落ち着きましたが良くも続いたものです。

振り返って自分なりに読み返してみると、随分生意気な意見が多いようです。
大して立派な人間でも無いのに偉そうなことを書いていますね。
また自分の身の回りや心の葛藤など、人様にはどうでも良いことも多いようです。
そんな 時々コラム でも、「楽しみにしています」「結構好きです」「フィーリングが合います」「○○について率直な感想を書いてくれませんか」など、とても励みになるメールもポツポツ頂くことがあります。(ホント、わずかですが...)
3と言う数字は何事にも難しい数字で分かれ目とも言われています。
乗り切る覚悟で頑張ります "時々コラム"


2002年01月27日

思い起こせば

記事タイトル思い起こせば

初めてブラウザを通してインターネットに触れたのが「阪神大震災」後。
UNIXマシンに乗った「モザイク」を覗き込むように見た覚えがあります。

流れていた情報は今のようにカラフルな画像は無く、被害状況や犠牲者名簿、人探しなど、まさに「リアル」な情報でした。
このデータは一体どこにあるのか? どうやって映し出しているのか? コンピュータプログラムは??? クライアント/サーバーシステムの3階層とかに躍起になっていた感覚から想像できないモノでした。
まもなく ネットスケープナビゲータ2.0 がライセンス付きで半ば強制的に導入され、その後数年間 IE利用禁止 みたいな異端児扱いが続いたものです。
...その頃、「これを使って何をするのですか?」-> 「こんな被災情報とか検索したりできるんです」。 「他に見れるものはあるんですか?」-> 「色々あることはあるのですが、殆ど英語でねぇ〜」。 「役に立ちますか?」-> 「ん...」
きっとブロードバンドコンテンツも規制が無ければ時間の問題でしょう。


2002年02月02日

真紀子氏騒動

記事タイトル真紀子氏騒動

嵐が去った後の静けさ。
ご存知、日本中を巻き込んだ「真紀子氏」更迭による数々の波紋。

真紀子さんは私と同じ新潟県選挙区出身ですが、以外?にも地元は冷静に受け止めているようです。
圧倒的なパワーと人気、その影に泣かされている人も多いようで全てが「真紀子」と言う訳でもないようです。
それにしても今回の件は「いったいどうなている」のか?
逆立ちして見ても「鈴木氏」が嘘を言っているようにしか...(違っていたらゴメン)
その「鈴木氏」も自分の与えられた役を演じたシッポにしか見えません。
ゴットファーザーのある台詞を思い出します。
しばらく表に出ていなかった人物で、更迭直後TVに出始める人物が裏で操作していた根源
注視すると約3名。
子供に誰が悪いの? と聞かれ「世の中が悪い」としか言いようの無い不自然さ。


2002年02月09日

椅子

記事タイトル椅子

みなさん、パソコンに向かう時どんな椅子に座ってますか?
最近どうも今使っている椅子が気になってしょうがない日々を送っています。

もう10年前になるでしょうか、いわゆる「通信販売」で机+キャビネット+椅子の3点セットで \19,800 なってモノを使っています。
当時の椅子は油圧式の座高調整機能は高額で、デカイねじで高さを調整するものです。
色々ホームセンターやパソコンショップなので見てみるのですが、単純に座高調整があれば良いってもんじゃないですよね。
座り心地やデザイン、機能的な部分で言えば腰のサポートやハイバック...キリが無い。
帰りの遅い日、既にパソコンに向かう気力が無いような時、一日一回は座ってみたいと思わせるような椅子であれば、更新作業やメールの返事も早くなるかと 椅子頼み。
ハイバック式で背もたれ一体型、しかも革張りの「社長の椅子」が10,000円以内で買えるようなので 椅子だけでも社長の気分なんてどうでしょうか。(買うよぉ〜)


2002年02月23日

ムネオハウス

記事タイトルムネオハウス

凄いネーミングと言うか、今や時代の流行語的存在になってしまいました。
表向きとは裏腹にどうやら難しい事実関係が存在しているようです。

一連の騒動はそれで関心ごとには変わりませんが、あの「国会」での佐々木氏の言い方は絶妙でした。
スットボケタように飄々淡々と語る口調と間...。
それでいて半ば証拠ともとれる資料や写真を用意し、スットボケに重みを加える。
「一方的に言われても如何なものか」と抗戦一方のムネオ氏に対し、口調を反転させ一喝を与えるスルドさ。
交渉の話術として学ぶべき点が多いように思えたのは私だけでしょうか。
刀は振り回していただけでは誰も近寄らない、しまってばかりいるといざと言うとき錆付いて抜けない、たまに抜き出しキラリと刃を見せ直ぐに納める。
何事にも心がけが肝心ですね!


2002年03月02日

平均貯蓄高

記事タイトル平均貯蓄高

ちまたでは "ペイオフ" と言う言葉が良く出てきます。
簡単に言うと銀行が破たんした場合、預金保護(保証)の上限をきることですね。

定期預金の場合、この上限が1,000万円と言うことみたいですが、「ふぅ〜ん」って感じ。
だいたい皆さん、そんなに預金持ってますか? 私は住宅ローンで四苦八苦、預金どころか生命保険にも入れない状況です。
ちょっと調べてみると、平成12年度、全世帯の平均貯蓄残高はなんと「1,448万円」だそうです。(なるほど、それで上限1,000万なんですね)
それにしても何でそんなにお金を持っているのか不思議でなりません。
分布的に見ると3〜400万世帯が多く、わずかなゾーンで億単位の預金があるとか。
なんとも庶民感覚としては「平均貯蓄残高」とは変な話です。
年齢的には50歳代になると平均値を超える世帯が出てくるようで、まさに、旧来型年功序列賃金を映し出しているようです。
つまりは「シニアマーケット」は宝の山なのよ(笑;


2002年03月10日

安心マークも危ない?

記事タイトル安心マークも危ない?

偽者サイト(成りすまし)の氾濫とともに「本物」であるを証明すべく、CA(認証局)なるサービスがありますが、 米国ベリサイン社の日本法人 日本ベリサイン が有名です。

ECサイトで見かけるゴールドのマークに「VeriSign Secure Site」って貼ってあるシール。
これをクリックすると、そのシールを貼ったサイトのデジタル証明書を見ることができます。
この証明書で本物であることを確認し、安心して買物などを行なうわけです。
よ〜く似た1字違いのドメインで、ホームページは同じ、振込み先だけダミー口座 なんてたまりませんから。( >--- 極悪非道の成りすまし)
ところが、VeriSign Secure Site シールが簡単に偽装できる事実が 2002.3.7 に発覚したから大変です。
日本ベリサインは直ちにサービスを停止し修正作業を行なったとか。
インターネットは自己責任 ってことを改めて肝に銘じておきましょうね。
P.S 一度こう言うことになると、このシールの意味はどこまで存在しえるのか...


2002年03月17日

笑点

記事タイトル笑点

パンパラパラパラ、ん、パッパ、パフゥ〜!!
日曜日の夕食前、お茶の間に響き渡る「笑点」のオープングです。

誰もが一度は耳にしたり、名物「大喜利」を観て「うっぷっぷ」って笑ったことがあるのではないでしょうか。
この笑点はいつから放送されているのか、ちょっと調べてみたら "昭和41年5月15日、夕方4時30分から40分番組として放送開始" だそうです。(もう35年!?)
私の記憶の中では「三波伸介(旧てんぷくトリオ <- あの伊東四郎も)」の司会が脳裏に焼き付いていますが、今の「三遊亭円楽」が一番長くなったようです。
歌丸や楽太郎の切れにはいつも感心です。(人間鍛えれば、あーにもなれるのか...)
先日のお題「桃太郎のお婆さんが川で洗濯をしていると何かが流れてくる」、円楽のツッコミ「それで、それで!」
? 「お婆さんが川で洗濯をしていると腐った桃が流れてきました」、「それで、それで!」、「桃を割ったら中から"腐った桃太郎"が出てきました」 ????????? うっぷっぷ(笑;


2002年03月28日

卒業式

記事タイトル卒業式

新潟の小学校では毎年3月25日に卒業式が行われています。
卒業式...みなさんはどんな思い出があるでしょうか?

今年は長女が6年間の義務教育を終え、無事卒業を迎えました。
親ながらに考えると、中学・高校の卒業式にはちょっと出にくいな って。
唯一、娘の「卒業式」に立ち会えるのも、一生涯を通じてここが最後かと言い聞かせ、会社を休んで出席して来ました。
田舎の小さな小学校ですが、男親はたったの三人でした。(一人は役員関係?)
でも、素直に感動できましたよ、中学の制服を着て、一人ひとり壇上に上がり、卒業証書を受け取る姿。(小さい頃、大きなランドセルを背負って歩いて行く姿が脳裏をかすめる)
そして、体育館で聞く全校生徒が一斉に歌う校歌、恥じらいもやっかみも存在しない純な歌声、心に響きました。
最後は教室に戻り、担任からの最後の言葉、そして誰もいなくなった教室を眺めながら、「もう二度とこの教室で学ぶことは無いのだろう」と思うと、なんだか無常に思える湧き上がる叫び。
来年、卒業を迎える父兄にも、是非、この感動を!


2002年04月07日

どうなんでしょう

記事タイトルどうなんでしょう

すいません、あまりに抽象的なタイトルです。
何に対して「どうなんでしょう」かと言えば、ある掲示板の光景なんです。

これは技術系のQ&A型で良く見るのですが、そのレスがちょっと気になります。
まず、投稿者は「...うまく行きません、どうすれば解決できるでしょうか?」とか「...がサッパリ解りません、どなたか教えて頂けませんか?」まぁ、こんな感じですよね。
するとこんな感じのレスが書き込まれます。
「...に書かれているはず、もっと自分で勉強しなさい」とか「...掲示板を全部読んでから質問しなさい、過去に同じ質問があるぞ」とか「使ってるパソコンは何? OSは?、こっれて質問する時の常識、答えようがない!!」みたいな返事が多いんです。
確かにもっともと言えば、もっともなんですが、いつからこんなにイジワルと言うか、皮肉たっぷりな風潮になったのでしょう。
安易に答えを欲しがるノモ賛否両論あるでしょうが、掲示板に書き込むまでにはそれなりの勇気も必要だったと思うんです。
そしていきなり「そんなの常識」なんてヤラレルと...どうなんでしょう。
一度、自分がそういった境遇に置かれた人達が、今度は自分が みたいな感じで伝染しているように見えてなりません。
CPUやメモリ、ディスクのメーカー、インストールしているアプリケーション...ズラズラと20行も使い説明して、最後に1行「ブラウザで文字化けするんですが」だって。


2002年04月21日

エジプト

記事タイトルエジプト

旅行に誘われています。
色々な制度を利用して、持ち出し費用はわずか7万円ほど。(驚!)

私が最初にエジプトに興味を抱いたのが、「ナイル殺人事件」(原作:アガサクリスティ)と言う映画がきっかけだったように思います。
かねてから、生きてる間に1度は「ピラピッド」をこの眼で見てみたいと言う人は多いのではないでしょうか
「カイロ博物館」をはじめ、「3大ピラミット」、「スフィンクス」、「カルナック大神殿」、「ルクソール神殿」、「アブシンベル大神殿」と...、まぁ、挙げたら切りが無いですね。
しかも、今回の紀行スケジュールは「ナイル川」を客船で下りながらの2泊3日も含まれているとかで、まさに「ナイル殺人事件」へのフラッシュバッグです。
う〜ん、何に悩んでいるかと言えば「長時間のフライト」にどこまで耐えられるか? 不安なんです。
エジプトもアフリカ大陸です、一度、"アフリカの大地を踏んだ者は必ず戻って来る" と言われているみたいですが、エジプトどうでした?(行った方!)


2002年05月06日

肉体改造計画(笑)

記事タイトル肉体改造計画(笑)

みなさん、GWはどうでした。
若い方は大いに遊び、お父さんは...、ご苦労さまでした。

で、私...。
2日から体調壊して、3日間も寝込んでました。
風邪って言うヤツです。(強烈な喉痛から、鼻づまり+水、肌痛、そして微熱)
せっかくこの休みに「やりたい事」など、色々考えていただけに、どうしたモノか。
どうも最近、体調がすぐれないと言うか、だるいと言うか、気力が無いと言うか。
困ったことに、暑がりだったくせに、半袖より長袖を好み、なぁ〜んか年を感じ焦り気味。
おまけに正月以来会って無かった親父が顔を見るなり、「老けたなぁ〜」 だって。
この一連の老化とも言える現象の源は「運動不足」だと思っています。
スポーツクラブ ってどうでしょう、先輩!!


2002年05月19日

決算時期

記事タイトル決算時期

ちょっとでも株に携わった方なら、反応する言葉ですね。
それより、何より、自社(自営)の決算は頭が痛い???
日本全国、株主総会週間とも言える5月末になりますが、一言で「利益」と言っても多種多様で分かりにくいものです。(ちょっと勉強してみましょう...。)
売上総利益、または、粗利益 とも言います、20円の原価を100円で売れば80円ですね。
営業利益、80円から売るための広告費(10円)や営業マンの賃金(20円)などを引いた額(50円)です。
経常利益、残った50円に企業の金融資産から生まれる利息や配当(10円)、借金(-20円)の返済など差し引いた額(40円)。(一般的には「儲け」に当たる部分ですね)
税引前当期利益、40円に営業活動以外の損益(-10円)を加算します(30円)。
当期利益、30円に法人税(-20円)など税を差し引いて残った額、10円。
結局100円で売っても10円が手元に残るだけ、今度は10円から役員賞与など分配し、いったい幾ら会社の利益として残るのでしょう...ネ


2002年05月29日

新潟スタジアム

記事タイトル新潟スタジアム

いよいよ始まりますね、FIFA2002ワールドカップ!
国内最初の試合は、ここ新潟からキックオフされることになります。

6月1日 15時30分、アイルランド VS カメルーン(すっかり話題になった^^; から始まり、6月30日 横浜での決勝まで熱い一ヶ月がスタートします。
新潟スタジアムは通称「ビッグスワン」と呼ばれ、昨年のコンフェデレーションカップでFW鈴木が一試合2ゴールを決めた、あの会場です。(思い出して頂けましたか?)
なんでも今回のW杯会場で、唯一最寄駅から歩いて行けるロケーションにあるそうです。
JR新潟駅から片側二車線の超直線道路をケヤキ並木を見ながら永延と歩く、途中、鳥野潟にかかる弁天橋を渡ると何故かラブホテル街(笑)。
そこを抜けると田んぼの真中に突如と現れる巨大なスタジアム!
だいたい、50分くらいのウォーキングになるでしょうか?(散策と言わないところに注意)
新潟にお越しの際は是非一声かけてください。
(ここから "今の" ビッグスワンを常時見ることができます ここデス )


2002年06月09日

水の都 新潟

記事タイトル水の都 新潟

いつもは何気なく生活している我が街。
どんな街でも歴史や風情があるものですね。

新潟市にはサッカーJ2「アルビレックス」の本拠地があり、ビッグスワンと新潟市陸上競技場がホームスタジアムです。
先日、わざわざJR新潟駅から散策をかねて新潟市陸上競技場まで歩いて観戦に行ってきました。
弁天公園-万代シティ-万代橋-本町(市場)-古町-NEXT21-西堀ローサ-古町モール-競技場-やすらぎ堤-東大通り。
車で「あっ」と言う間に通り過ぎる風景は「水の都 新潟」の面影を随所に感じさせてくれる風情あるものでした。
きっとみなさんの住む街にも癒される素敵な風情があるはずです。
時にはダサイとか格好悪いとか、そんなつまらない見た目にとらわれず、車を置いてご家族、ご夫婦、恋人とゆっくり歩きながら散策してみては如何でしょうか?


2002年06月18日

ストレッチ

記事タイトルストレッチ

サッカー日本代表、惜しくもベスト16で終わりましたね。
でも今月30日の横浜決勝までワールドカップは続きますから...冷めないでね。

選手達の練習風景がTV放映される機会が増えましたが、みんな何やら体操らしきものを行っています。
いわゆるストレッチ体操のようです。(体育系の人は良く知ってのとおりです)
もの心付いた時から、超〜体が硬くて柔軟体操なんて大の苦ってだった私。
先日、スポーツクラブの1日体験にイソイソ出かけ、ジムトレーニングオリエンテーションなるものを受けてきました。
イメージしていたカッコイイトレーニングとは違い、まずは「ストレッチ」から...って感じ。
ストレッチどころか「形」も作れず、「汗」ダクダク;運動不足の体は悲鳴あげる!!
とりあえず、スポーツクラブは場違いと解釈し、毎日風呂あがり、ストレッチに励む日々です。


2002年07月21日

テレビ視聴率って

記事タイトルテレビ視聴率って

最近TV局関係ともお近づきになれたせいか、やたらと耳にする言葉になりました。
業界では広告スポンサー(原資)獲得のためのバロメータでしょうか。

有名な調査会社として「ビデオリサーチ」とか良く聞きますが、全国27地区で調査しているようです。
一般的にはデータ回線で接続された専用機器をテレビに接続し(これを視聴率測定機と言うらしい)、どの番組が見られているか、1分単位に集計し転送しているそうです。
しかし、この視聴率測定機を今まで見たこともなければ、「家にあるヨ!」って聞いた話も無いのですが、みなさんの周りではどうでしょうか?
と言うのも、関東地区でわずか六百世帯が対象になっているみたいなんです。
きっと、みかける方が宝くじの当選みたいな話なんですね。
統計学的には立証された抽出数なんでしょうが、この数字をめぐってあまりに莫大なマネーが動いていると思うとなんだか...こんなモノですか、世の中とは。


2002年08月19日

リニューアル

記事タイトルリニューアル

約1年ぶりにトップページのリニューアルを行いました。
これに伴い他のページも全部統一させる大仕事になり、夏休みはゼロになってしまいました。

今回のリニューアルは自分なりにテーマを持って実施しました。
今まで本格的なデザインについて考えたことは無く、色々なサイトに接しながら見よう見まねで作っていたのが正直なところです。
ただ、デザインと言ってもそう簡単に習得できるモノでもないことは重々承知のうえで、基本的なカラーチャート選択など初歩の初歩です。
一方この機会にと「アクセシビリティ」についても勉強してみました。
学術的な実験データと自分自身の経験データを融合させ、それなりに意味を持たせています。
詳細は "ホームページリニューアル手記" として後日紹介できればと思っています。


2002年08月24日

わたくしにお任せくださいませ

記事タイトルわたくしにお任せくださいませ

最近ハマッてます、NHK大河ドラマ「利家とまつ」。
このセリフは前田利家の妻、「まつ」のきめ台詞として再三登場してきます。

時は戦国時代、権力と地位を求め力と力の激しい鍔迫り合い。
イクサに巻込まれ消えていく民、百姓の命、権力は天下を治め万人が安心して暮らせる世の中をと志す。
武士は「お家」と仁義、男気のハザマで昨日の味方も今日の敵、それもまた已む無し。
こんな世情を背景に想像以上の難題が幾度となく降りかかる毎日。
苦渋の選択を迫られる主、圧倒的な兵力の前に天を仰ぐ家臣、党利党略陰謀に絶対絶命の窮地。
テレビの中の「まつ」は、決まって "わたくしにお任せくださいませ" とその場を切り盛りする。
今の時代、決して武力で国取り合戦をしているわけじゃありませんが、どこか似ている「ピンチ」な状況。
そんな時は「もうダメだ」なんて諦めないで、ハッタリでも「わたくしにお任せくださいませ」と声高らかに発してみましょう。
きっと良い方向に転がり始めるはずです、そう願いたい...。


2002年09月01日

防災の日

記事タイトル防災の日

毎年9月1日は防災の日です。
1年に1回くらいは、日常生活を振り返り点検してみてはどうでしょうか。

大正12年、多くの犠牲を出した関東大震災が9月1日、また、この時期から秋の台風シーズン到来と言うことも重なり、昭和35年頃に制定されたようです。
思えば、阪神淡路大震災や新宿歌舞伎町ビル火災など記憶に新しいところであります。
大きい会社になると、この時期に「避難訓練」など計画的に行われるケースが多いようですが、どうしても中小になると意識が薄いようです。(特にサービス産業)
自分の身は自分で守るを原点に、非難経路、消火器の位置・有効日付、出火しそうな場所など、いま一度、自分の目で確認することをオススメします。
また、家庭内においても同様、もし家に重大な被害が出た場合、どこに集合(避難)するのか? 第一、第二、第三、ぐらいまで家族で話合われていれば、イザと言う時でも気持ちに余裕が。
最近はパソコン周りも電源ケーブルが増え、タコ足配線が当たり前になっています。
塵・ホコリ、ケーブルのネジレ・破損、異常な発熱など、この機会にチェックしてみては如何でしょうか。


2002年09月08日

NHK7時のニュース

記事タイトルNHK7時のニュース

先日、久しぶりに早く帰宅しました。
ちょっと心配ごとがあってのことですが、事無き終えやれやれです。

何気にテレビのスィッチを入れると、ちょうどNHK(1ch)、地方向けの天気予報です。
しばらくすると、例の時計が画面一杯に表示され、19時3秒前からの「ピッ、ピッ、ピッ、プー」。
「こんばんわ、夜7時のNHKニュースです...」と始まるNHKのスタンダートです。
そう言えば、最近この時計を見たのは何日前かなぁ〜などと、ふっと思うとともに、その1秒、1秒の針の動きが、妙に時間の重さを訴えているような印象を強く感じました。
こうやって、確実に時間は過ぎていくのか!、時間の流れの速さと、その間何をやってたんじゃいと言う素直な感想でした。


2002年09月13日

なにやらキナ臭い雰囲気

記事タイトルなにやらキナ臭い雰囲気

はじまるのでしょうか? イラク攻撃(戦争)。
21世紀も戦争の世紀になってしまうのでしょうか。

この地球に住む以上、誰もが出来れば避けて通りたいと思うに違いありません。
だからこそ、正義ぶって当たり前のように「戦争反対」とは言えないような気がします。
問題は何故攻撃しなければいけないのか? この攻撃によってアメリカは何を得ようとしているのか、そして日本は。
その昔、私が義務教育で受けた限りの印象として、かつては資源を求めて領土の拡大と言う構図があった、その後、政治的イデオロギーをめぐり物質的破壊をもたらさない冷戦、人種間の憎悪を火種に繰り返される内戦、宗教の違い....。
社会が成熟するにつれ、ますます対立する構図が複雑化し、また、明確な「得る」モノの存在が空洞化しているような気がします。
今回の攻撃は、一見すると無理やり言いがかりを付け、喧嘩をしかける未成熟な行動のように思えますが、その裏にはドロドロとした政治的意図や、緻密な計算のうえで成り立っているに違いありません。
本当に何を得ようとしているのだろうか? それにより、反対でもあり、已む無しでもあり。
こんなのん気なことを言ってられるのも、当事者にはなり得ないと言う、大馬鹿者だからです。ね


2002年09月18日

オロナイン(R)H軟膏

記事タイトルオロナイン(R)H軟膏

期待に反して「拉致」話題ではありません。
日本人なら誰でも一度や二度はお世話になったと思います、オロナインRH軟膏。

実は、このオロナインRH軟膏が大塚製薬から発売され、今年でちょうど50年になるそうです。
つまり半世紀以上も市場に存在する、超ロングセラー商品なのです。
さて、50年前(1953年)の日本はどんな様子だったのか? ちょっと興味が沸いたので調べてみました。
労働者の平均賃金は、製造業で1万5千322円、絶対金額は今の1/10以下のようですが、前年対比で15.4%の上昇だったそうです。
経済が成長していた証、今とは正反対ですね。
その他、10円硬貨発行、公衆電話が黒から赤電話へ(若い人は赤電話さえ知らないかもですね)、NHKが日本初のテレビ放送を開始、手塚治虫のリボンの騎士、研ナオコ誕生(笑)、あの有名な吉田茂首相の「ばかやろう解散」、そして、朝鮮戦争の休戦協定が調印された年。
...だったそうです。
これから50年先(2053年)?、きっと オロナイン(R)H軟膏は現役で100歳を向かえことでしょう。


2002年09月26日

未承諾広告※メール

記事タイトル未承諾広告※メール

2002年7月1日付けで法改正された「特定商取引に関する法律施行規則」。
無差別に広告メールを一方的に送る場合、件名に "未承諾広告※" を表示する義務化です。

しかし、なんと言いますか、減りませんね、この手の広告メールは。
実感として携帯の迷惑メールは大分減ったように思います、これもインターネットと違ってキャリアが限定されるため、手を打てばシステムマチックに効果が出るのでしょう。
それに、みんな学習した結果として、頻繁にメールアドレスを変更するので、手に入れたアドレスが片っ端から死んで行く現状に、採算性が合わなくなってきているのも一因と推定されます。
その点インターネットは、頻繁にプロバイダを変えるわけでも無く、ビジネス用途としてのメールアドレスだったりするので安定的です。
つまり、一度「手」に入れたアドレスの有効性は高いわけです。
それを良いことに、業界的に繋がっているニオイがプンプンです。
エロ系がひとたび来れば、続けてエロ系、EC系がくればEC系、ネズミ系がくれば...。
それもダークなメールほど、「未承諾広告※」を守っていない。
ちなみにですが、この法に違反した場合、まずは、行政処分として業務停止など、さらに行政処分に違反した場合、100万以下または300万以下の罰金です。
そろそろ気づけヨ、って感じですね、その効果を。


2002年10月06日

メッセージルール

記事タイトルメッセージルール

先回、"未承諾広告※"について少し触れましたが、今回はその簡単な対処方法についてです。
と言っても、すでにみなさん既に実施済みかもしれませんが。

勝手ながら、大多数の人がマイクロソフト社のOutlookExpressを使っているとして...。
「メッセージ」-「メッセージからルールを作成」、これで新規ルールを作成します。
早い話が「未承諾広告」が着たら、勝手に削除するようなルールを設定するわけです。
慣れてきますと色々な条件で、様々なアクションを半自動化することもできます、チャレンジしてみてください。
では1例として、
ルールの条件:件名に指定した言葉が含まれる場合
件名に含まれる言葉:未承諾
ルールのアクション:削除する
はい、これで受信すると勝手にゴミ箱行きになるわけです!


2002年10月14日

水戸黄門

記事タイトル水戸黄門

TBS、夜の時代劇と言えば「水戸黄門」ですね。
東芝の日曜ドラマ劇場は無くなりましたが、ナショナルさんは続行中!

お年寄りを中心に、幅広い年齢層で人気シリーズですが、最近は時代の流れか若干勢いが衰えているようです。
馴染み深い俳優も代わり、配役との違和感が慣れるまでもう少し時間が必要でしょうか。
月曜日の20時と言う時間も微妙で、サラリーマンはまだ会社に残っている時間かと思います。
昔から人気の一つとして「分かり易さ」と言われてきましたが、「起承転結」に忠実な構成、「悪者:良者」の構図、ホント分かりやすい。
Webサイトも「簡単・便利・分かりやすい」の三要素が無ければ上手く行かないと言われていますが、まぁ、あまり凝ったことをせず、水戸黄門をお手本にするのも手かもしれません。
知ってました?!、30分〜40分が一番視聴率の高い時間帯だそうです。
何故って、見れば分かりますね、由美かおる...。


2002年10月23日

エアダスター

記事タイトルエアダスター

知ってますか!?、エアダスターとか言われる商品。
メーカによっては違う呼び方をするかもしれませんが...。

形はキンチョールのようなスプレー缶、中身は「エアー(空気)」が入っているだけです。
もちろん、スプレーですから高圧ガス(昔で言えばフロンガス)が一緒に封印されています。
パソコンショップで言えば、だいたい、サプライ品コーナーあたりに陳列されているでしょうか。
なんでこんなモノを紹介するかと言うと、使用感覚がかなり「快感」なんです。
たかが空気なんですが、ジェット噴射で「シュッ、シュッ、シュー〜」って感じ、手当たり次第ターゲットを見つけては噴射すること、ストレス解消にもって来いです。
本来の使用目的は、細部のホコリやゴミを吹き飛ばし、キレイにするお掃除ツール。
キーボードの隙間やマウスボール、FD挿入口からノズルを差して「シュー」。
テレビの裏側や棚の上、タバコの灰が気になったら「シュー」。
「お父さん、プレステ調子悪いよ!」と聞けば、隙間から「シュー」。
とにかく、チリやホコリを見つけたら「シュー〜」って、ホント、快感!
最近はワゴン山積みで500円程度売っているので、みなさんもご一緒に「シュー〜」ってどうですか?


2002年11月04日

5.1chサラウンド

記事タイトル5.1chサラウンド

もうすぐ冬のボーナスシーズンに入りますね。(不景気で寂しい状況ですが)
この機会にAV関係の購入を検討している方も多いと思いますので少し紹介します。

昔から「音」と言えば、ドルビーが良く用いられてきました。
ドルビー対応:いわゆる2chステレオ音源、ドルビーデジタル(ドルビー5.1ch):音源を1/10に圧縮し、センター+メイン右左+リア右左+サブウーハーの5.1ch独立音源。
ドルビープログレッシッブ:言葉だけ聞くとドルビーデジタルよりも優れている感じですが、アナログドルビー(2ch)音源を分解し4ch再生するモノ(リアは左右同音再生)。
※プログレッシッブ?はリアも独立させたもの。
DTS:最近の映画館で使われているタイプで、音源を1/4に圧縮した5.1ch音源。
他にも色々あるようですが、ホームシアターのような5.1chサラウンドアンプを購入する場合の「用語」としてはこんなモノではないでしょうか。
DVDでもDTS音源を収録しているモノも多くなってきました、DTSとドルビー5.1ch、ぜんぜんDTSの方が迫力がありリアリティです。
素人の私にもはっきりと違いがわかる音の広がりです。


2002年11月12日

涙の意味

記事タイトル涙の意味

若者は約2年半、フリータと言われる状態で働いていた。
自分なりの将来を考えたのだろう、先週、就職が決まったと会社を後にした。

彼は約1年、毎週3日ほど大手企業のWebメンテを主目的に派遣先で働いた。
世間で言う、非常におとなしく、自分から積極的に意見できるようなタイプではなかった。
派遣先でも与えられた仕事を黙々とこなす一方、余計なコミュニケーションは皆無だった。
はたから見れば、不器用さが一定の距離を作り、また、それが故にもどかしいジレンマを形成することもシバシバあった。
退社の挨拶も自発的にできず、半ば照れくさいような、格好悪いような、そんな雰囲気が感じ取れた。
最後の日、玄関先まで見送ってくれた派遣先の二人、心からの激励と門出にあたっての励ましの言葉をかけてくれた。
彼の目から、一筋の涙がこぼれた。
この一週間、彼は自分が色々な人達の関係で成り立ち、また、親身に自分のことを考えて接していてくれた事実に気づき始めていた。
本来人間としてあまりに当たり前の環境でも、彼は2年半、それを素直に受け入れる心が育っていなかったのだろう。
皮肉にも退社を通じ、涙の瞬間、彼は一番大きなモノを人間として得て去っていった。
頑張れ! 若者。


2002年11月19日

プライベート・ライアン

記事タイトルプライベート・ライアン

この映画、saving private ryan は1998年アカデミーで5部門を独占した傑作品です。
見てない方でも一度は耳にしたタイトルだと思います。

DVDプレイヤーを購入し、最初に買ったのが、この「プライベート・ライアン」でした。
最初の30分、あまりに有名な「オハマ・ビーチ」上陸戦闘シーン。
後に語り継がれる、第二次世界大戦ヨーロッパ戦線の分岐点、ノルマンディ上陸です。
しかし、何度もなんども繰り返し見ていると、別のシーンがより印象に残ってきます。
それは最後の30分「アラモの砦」と称される、ラメルの戦闘シーンです。
ひと時の静寂、ラジオから流れるジャズらしき女性ボーカルの流れる中、遠く振動とともに近づいてくるドイツ軍、タイガー戦車の轟音。
もう1シーン、まさにラメル戦闘の最中、ガレキの山からうねりながら覆いかぶさるタイガー戦車、その前を横切り走り抜ける米兵3人。
どう表現して良いのか言葉が無いのですが、とにかく印象深いシーンです。
直ぐに影響される私、タイミヤのミリタリーシリーズを購入し、歩兵ドイツ軍、歩兵アメリカ軍、ドイツ製タイガー戦車のプラモデルを買い、必要なカラー、パテなどでジオラマなども作ってしまう懲りようです。
最近、2,500円シリースでDVDの再販も始まったようです。
ちょっと先の話になりますが、今年の正月は「プライベート・ライアン」三昧なんていかがでしょう。


2002年11月26日

FOMA

記事タイトルFOMA

NTTドコモから鳴り物入りで市場投入された次世代高速携帯、FOMA。
とうとうドコモも大きく下方修正を公の場で公言するハメになってしまいました。

つい最近、サッカーJ2某チームのFOMA用動画コンテンツを頼まれ、急遽対応する機会がありました。
元々動画コンテンツは、大容量+高速回線を前提にしているため、オーサリングツールやファイル形式がベタモノは結構あるのですが、FOMAのように限られた条件内で収めようとすると結構大変です。
その昔、ディスク容量が少ない時代、まだ8インチFDからBASICを起動し「DISK BASIC」と言っていた頃、プログラムの行番号を1から+1づつにリナンバリグし、1バイトでも容量を増やそうと頑張っていた頃を思い出した始末です。
動画で調子に乗ったら、急遽、着ボイスにも対応してネ! とは!?
メーカー別、機種別に音源を生成しないと「聞けない」と言う、ドコモの仕様がアバウト過ぎるのか、メーカが守らないだけなのか? コンテンツベンダーが困る状況は当分続きそうです。


2002年12月15日

自動車保険

記事タイトル自動車保険

昨年購入した軽自動車の任意保険更新の季節がやってきました。
更新案内の封書を受取り、去年の失敗を思い出し今年はリベンジです。

昨年、何気に前回の保険会社のまま同条件で更新、年間保険料が約48,000円。(軽と言えども新車なので車両保険も付けています)
もう一台、2月更新の普通車はインターネットの一括資料請求で比較検討。
年間保険料約28,000円(継続案内では53,000円/年)、「うっひょう〜〜〜」って感じでした。
一ヶ月前に支払った48,000円、返して!と叫びたい心境でした。(ほとんど同条件でアホ臭いとはこう言うことを言うのでしょう)
で、今年はと言うと、同条件継続案内では約42,000円/年、一括資料請求で比較した結果、27,000円〜38,000円前後。
もちろん、すべての保険会社は大手有名どころで全国サポートが基本。
念入りに検討した結果、一番安いところで問題無しと判断し、これまたネットで契約完了。
暮れの何かとお金が必要な時期だけに、15,000円も浮いたと思うとなんだか嬉しい気分です。


2002年12月31日

ゆく年2002年

記事タイトルゆく年2002年

毎年必ずやって来る、大晦日。
みなさんにとってどんな1年だったでしょうか。

年を積み重ねる度に、1年がドンドン短くなって行くような気がします。
ちょうど0歳で365日、30歳なら335日、つまり1年は11ヶ月ぐらいのスピード感覚。
60歳なら10ヶ月くらいに感じられるのかもしれません。
なんでなんでしょうね?
歳を取ると言うことは、そう言うことなのでしょうか...。
それにしても今年も色々ありました。
数年後振りかえると、あの年が最後の○○だったね、ってことになっているかもしれません。
慌しいこの時世、日本人の心にしみいる除夜の鐘など、窓を大きく開け、吹き込む寒風とともに新年を迎えたい。


^ページトップ^    «前) 時々コラム2001年 | HOME | 時々コラム2003年 (次»

[PR]楽天市場での成功ノウハウ

[PR]楽天市場での成功ノウハウ

楽天市場での成功ノウハウや最新データをまとめた
詳しい資料(全54ページ)を無料進呈します。


Copyright(C) blogアクセス向上大失敗 All Rights Reservd.