[PR]楽天市場での成功ノウハウ

[PR]楽天市場での成功ノウハウ

楽天市場での成功ノウハウや最新データをまとめた
詳しい資料(全54ページ)を無料進呈します。


«前) 無言の修学旅行 | HOME | Re:低迷するヤフー株価の復活シナリオ (次»

2006年10月10日

行き過ぎていないか!?グーグル法

(テーマ:自論考論Web9
記事タイトル行き過ぎていないか!?グーグル法

CNET JAPANで「「もうグーグルでなくてもいいんじゃないか?」という見方」と言う記事を読みました。(編集部の坂和さんと言う方が書かれています)
ひねくれモノの私から見ると、非常に本道的スタンスでの「もういいんじゃない」って感じです。
要約しますと、Googleより優れたサービスを提供する他サイトが多々出現して来ているので、何もGoogleでなくてもいいんじゃない、ってことです。

実は数ヶ月前(正確には半年ほど)から、自分も「もうグーグルじゃなくていいんじゃない」と言う感想を持った一人なんです。
その理由は、まったくの邪道です。
いわゆるインターネットでの検索エンジン影響力は、好む好まざるによらず、絶大なモノになっています。
日本でこの影響力をもつ最大の検索サイトがYahoo!JAPAN、もう一方がGoogleでしょう。
圧倒的影響力を持つモノが、色々なルールを作り出したら...。

例えば、Googleと言う検索エンジンに対し、○○のようなことはしないでください、あるいは、アドセンスと言う広告サービスに対し、あるいは、あるいは、あるいは、あるいは、。
これらはあくまでも、「Googleと言うサービスを受けるなら、そのようにしなさい」みたいなルールであり、別にGoogleなんて関係無いと言う場合は、どうぞお好きなように、という理屈で「自由」です。

でも実際は、「圧倒的影響力」があるゆえに、そのルールを受け入れざる得ないと言うのが実情ではないでしょうか。
ふと思ったのです、いったいいつからインターネットのルールをGoogleが決めているのか!? って。
Google八分と言う隠語まであるように、そのルールに従わなければ、もはや。

さらに不幸なことに、「我こそはインターネットのスペシャリスト」と公言するも、実は「Googleのことは良く知っている(SEO)」だったりします。
これこそが、Googleのルール(Googleに好かれる方法)を知っている=ネットマーケティングを知っている、みたいなことで、世の中成立みたいな雰囲気があったりします。

決してGoogleはそのような「縛り」の意味でのルールを運用しているわけではないのですが、自身の影響力を侮ってはいけません。
一度でも嫌な思いをした利用者は、なかなか戻ってこないものですから。


このページをブックマークする: この記事をlive doorクリップ! このエントリーを含むはてなブックマーク newsing it! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク この記事をChoix! イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録Yahoo!ブックマークに登録

«前) 無言の修学旅行 | HOME | Re:低迷するヤフー株価の復活シナリオ (次»




«前) 無言の修学旅行 | HOME | Re:低迷するヤフー株価の復活シナリオ (次»

[PR]楽天市場での成功ノウハウ

[PR]楽天市場での成功ノウハウ

楽天市場での成功ノウハウや最新データをまとめた
詳しい資料(全54ページ)を無料進呈します。


Copyright(C) blogアクセス向上大失敗 All Rights Reservd.